よくあるご質問

ここでは、相続についてよく質問を受ける事項について回答を記載します。皆様の相続に対する疑問への解決のヒントになれば幸いです。なお、回答は、回答作成日現在の法令、通達に従って作成しております。

全般的な質問

  • 本当に追加料金は不要ですか?
    はい。追加料金なしで相続税申告のお手伝いをさせて頂きます。
    ただし、各プランに記載しております非上場株式をお持ちの場合や物納をご希望の場合などは追加料金が発生することがございます。
  • ◯◯市での相続税申告ですが対応できますか?
    はい。
    日本全国どちらでも対応させていただきます。
  • 余分な税金は払いたくありません。きちんと節税を考慮したうえで申告してもらえるのか心配です。
    ご安心ください。
    相続税申告の実績がある税理士を全国にネットワークしております。可能な限り相続税の負担を少なく、また、将来の相続を見据えて有利な遺産分割をアドバイスさせていただきます。
  • 相続税は必ず払わないといけないものですか?
    下記の場合は、相続税がかかりません。
    1. 相続財産が相続税の基礎控除以下の場合
    2. 相続税の特例等を利用することにより相続税がかからなくなる場合
    (1)の場合、の場合、故人の相続財産が基礎控除以下かどうか、一般の方には判断が難しい場合があります。
    その場合は事前判定プランをご利用ください。
    ※基礎控除額の例 → 4800万円(3000万円+600万円×3人 法定相続人が3人の場合。)
    (2)の場合は相続税の申告を行うことにより相続税がかからなくなります。相続税申告の実績がある税理士が対応させていただく各プランをご利用ください。
  • 相続税の申告は必ず行わないといけないものですか?
    相続財産が相続税の基礎控除以下の場合には、相続税の申告は不要です。
    故人の相続財産が相続税の基礎控除額以下かどうか、一般の方には判断が難しい場合があります。事前判定プランをご利用ください。
    ※基礎控除額の例 → 4800万円(3000万円+600万円×3人 法定相続人が3人の場合。)
  • 相続税はいつまでに納めないといけないのでしょうか?
    相続の開始を知った日(被相続人がお亡くなりになったことを知った日)の翌日から10ヶ月以内に申告の手続きを終え、相続税納付を完了させないといけません。詳しくは、相続税申告から納税までの流れをご覧ください。
  • 私を含めて4人兄妹です。兄妹の同意なしにご依頼してもいいのでしょうか?
    いいえ。
    ご依頼時には相続人様みなさまの同意を頂いておく必要があります。ただ、ご相談時にはその必要はありませんので、お気軽にご相談ください。
  • 書類集めが大変だと知人に伺いましたが、こちらでは書類収集の代行をお願いできるのでしょうか?
    はい。
    関係者の戸籍や住民票、銀行・証券・生命保険・不動産関係の書類などの収集を「やさしい相続」の税理士で行います。ただし、金融機関等により相続人でなければ手続きができないものについては、直接手続きを行っていただく場合がございます。
ご相談 お問い合わせは完全無料 0120-202-292 資料請求はこちらをクリック
ページの先頭に戻る

資料請求で5,000円割引